忍者ブログ
英語の多読でHappy Reading! 簡単な洋書からレベルを上げていって、100万語を読むことを目指します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

4902928027アメリカの小学生が学ぶ国語・算数・理科・社会教科書
ジェームス・M. バーダマン Jr.,James M. Vardaman 村田 薫
ジャパンブック 2006-03

by G-Tools


アメリカの小学生が学ぶ国語・算数・理科・社会教科書(James M. Vardaman Jr.)
シリーズ名:「アメリカの小学生が学ぶ~」シリーズ(ジャパンブック)
YL:4.0?
総語数:38000語(概算)
累計語数:478898語

アメリカの小学生が学ぶ国語・算数・理科・社会教科書』を読む。

ジャパンブックから出ている「アメリカの小学生が学ぶ~」シリーズ。アメリカの小学校6年間で学ぶ国語・算数・理科・社会と日本語対訳を収録した本。
1年生から6年生までページを追って書かれているのだが、一番初めのマザーグースや言葉遊びはともかく、そこから先はいきなり難度が高くなっている。これをほんとうに小学1年生でやるのかな。日本語訳を読んでも小学校高学年から中学校レベルだと思うんだが。
あまり日本の教科書には出てこない内容として、各宗教の概要がある。それもユダヤ教、キリスト教、イスラム教、ヒンドゥー教、仏教、儒教が取り上げられている。多民族国家アメリカといったところか。それとギリシャ神話、アーサー王伝説、イリアスとオデュッセイアなども収録されていた。ここらへんも細かいストーリーは知らなかったので、日本語だけ読んでみてもなかなか勉強になった。
日本についてのテキストもいくつかあり、6年生の章にある「日本の開国」というテキストでは黒船来航から日露戦争までの日本史について書かれている。これも日本史の教科書ほどではないが、他国の歴史としてはかなり詳細な内容。他には1年生の章には「一寸法師」、2年生の章には日本を紹介する「日本を訪ねて」、4年生の章には書き下ろしで「俳句」が取り上げられている。
英語の本として役立つ内容としては、英語のことわざと熟語(Sayings and Phrases)があった。"Let the cat out of the bag(猫を袋から出してしまう)"→「秘密をしゃべってしまう」とかいうような感じ。こういったことわざは直訳どおりでは理解できないので、できればいろいろ覚えておきたいところ。英語のことわざだけまとめた本とか読んでみてもいいかな。
アメリカの小学生が学ぶ歴史の教科書』に続いて、この本も日本語訳から先に読んだので英語としては難易度は高いものの、何とか読めた。でもやっぱり教科書とはいえ小学生向けとしては難度が高すぎるような気がするな。

総語数は算出されていないけど、『アメリカの小学生が学ぶ歴史の教科書』よりは挿絵や図表が多かったので、ざっと38000語くらい。YL(読みやすさレベル)は日本語対訳なのでこちらも4.0くらいかな。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[79]  [78]  [77]  [76]  [75]  [74]  [73]  [72]  [71]  [70]  [69
JUGEMに移転しました。
JUGEMに移転します。
移転先はこちら
はぴりで~Happy Reading Report~

移転先更新状況(RSS)
RSS表示パーツ
SSS多読とは
SSS多読とは洋書を多読することで英語を学ぶ学習法です。
絵本レベルの簡単な洋書からはじめていき、少しずつ語彙のレベルを上げていって、100万語を読むことを目指します。読みながら日本語に訳していくのではなく、英語を英語のまま理解できるようにします。
詳しくは「めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語学習法」のサイトをご覧ください。

多読三原則
 1.辞書は引かない
 2.わからないところはとばす
 3.つまらなければやめる

ブログパーツ
Recommned
多聴多読マガジン 2008年 04月号 [雑誌]
Amazonで『多聴多読マガジン 2008年4月号』の予約が始まりました。特集は「多聴多読2.0にアップグレード!どこから始める、どう続ける」です。発売日は3月6日。
2008年1月号のレビュー記事はこちら

めざせ100万語! 読書記録手帳
YL(読みやすさレベル)、総語数は『めざせ100万語! 読書記録手帳』のリストを参考にしています。主要GRシリーズ・英米児童書シリーズ・タイトル別単語数リストは多読のオススメ本探しにも使えてとっても便利です。
アフィリエイト

洋書屋ジロー(楽天市場)
洋書屋ジローは、店主ジローさんが海外から取り寄せたアウトレットの洋書絵本・写真集・読み物などを販売してます。安くてセレクト感いっぱいの洋書屋です♪


話題の洋書を買うなら楽天ブックス
洋書を買うなら楽天ブックスで!海外の名作や情報を先取り。原文だから伝わる洋書の魅力がここに。1,500円(税抜)以上送料無料


お買い物するなら楽天市場
日本最大級の通信販売ショッピング/通販オンラインショップ
ブログ内検索
最新コメント
ブログパーツ
プロフィール
ハンドル名:みっち
自己紹介:
2007年5月から多読をスタートしました。
まだまだ多読初心者だけど100万語目指してがんばります。
読んだ英語の本のあらすじ、感想、英語で気づいた点などをメモがわりに書いていきます。
→admin
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]