忍者ブログ
英語の多読でHappy Reading! 簡単な洋書からレベルを上げていって、100万語を読むことを目指します。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

0582421233Alice in Wonderland: Level 2 (PENG)
Lewis Carroll
Prentice Hall College Div 2001-01-22

by G-Tools


Alice in Wonderland(Lewis Carroll)
シリーズ名:Penguin Readers Level 2(PGR2)
YL:2.2
総語数:7600語
累計語数:67680語

Alice in Wonderland(不思議の国のアリス)』を読む。

ある日、Aliceは白ウサギを追いかけて深い穴に落ちてしまいます。ようやく穴の底についたアリスはそこで"DRINK ME(私を飲んで)"と書かれたビンを見つけます。ビンの中の液体を飲んだAliceは小さくなってしまいます。そのあともAliceはいろいろな動物たちに出会いながら不思議の国の冒険をします…。という内容。

ということで、ご存知「不思議の国のアリス」なんだけど、もともとナンセンス小説というのもあって、日本語で読んでもわけがわからなくなってくるのに、それを英語で読むから、なかなかストーリーについていくのが大変。
ただRetold版なのでキャロル独特の造語は出ていないし、ちょっと難しめの詩とか言い回しも出てこない。あとニセ海ガメ(Mock Turtle)の話とかはまるまるカット。まあ、あの課目の話をされても今はまだ読めないけど。
英語として特筆するところといえば、時計を持った白ウサギは"White Rabbit"だけど、お茶会にいる三月ウサギは"March Hare"となる。"Rabbit(家ウサギ)"と"Hare(野ウサギ)"の違い。それとトランプのジャックは"Jack"でなくて"Knave"というみたい。

しかし読みこなせないのはくやしいなあ。再読もするけど、Oxford Bookwormsのほうの『Alice's Adventures in Wonderland』も挑戦してみようか。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
[39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30]  [29
JUGEMに移転しました。
JUGEMに移転します。
移転先はこちら
はぴりで~Happy Reading Report~

移転先更新状況(RSS)
RSS表示パーツ
SSS多読とは
SSS多読とは洋書を多読することで英語を学ぶ学習法です。
絵本レベルの簡単な洋書からはじめていき、少しずつ語彙のレベルを上げていって、100万語を読むことを目指します。読みながら日本語に訳していくのではなく、英語を英語のまま理解できるようにします。
詳しくは「めざせ100万語!多読で学ぶSSS英語学習法」のサイトをご覧ください。

多読三原則
 1.辞書は引かない
 2.わからないところはとばす
 3.つまらなければやめる

ブログパーツ
Recommned
多聴多読マガジン 2008年 04月号 [雑誌]
Amazonで『多聴多読マガジン 2008年4月号』の予約が始まりました。特集は「多聴多読2.0にアップグレード!どこから始める、どう続ける」です。発売日は3月6日。
2008年1月号のレビュー記事はこちら

めざせ100万語! 読書記録手帳
YL(読みやすさレベル)、総語数は『めざせ100万語! 読書記録手帳』のリストを参考にしています。主要GRシリーズ・英米児童書シリーズ・タイトル別単語数リストは多読のオススメ本探しにも使えてとっても便利です。
アフィリエイト

洋書屋ジロー(楽天市場)
洋書屋ジローは、店主ジローさんが海外から取り寄せたアウトレットの洋書絵本・写真集・読み物などを販売してます。安くてセレクト感いっぱいの洋書屋です♪


話題の洋書を買うなら楽天ブックス
洋書を買うなら楽天ブックスで!海外の名作や情報を先取り。原文だから伝わる洋書の魅力がここに。1,500円(税抜)以上送料無料


お買い物するなら楽天市場
日本最大級の通信販売ショッピング/通販オンラインショップ
ブログ内検索
最新コメント
ブログパーツ
プロフィール
ハンドル名:みっち
自己紹介:
2007年5月から多読をスタートしました。
まだまだ多読初心者だけど100万語目指してがんばります。
読んだ英語の本のあらすじ、感想、英語で気づいた点などをメモがわりに書いていきます。
→admin
忍者ポイント広告
忍者ブログ [PR]